売却情報ブログ

住宅ローンが残っていても売却は可能なのか?

 物件、和室

人生で家を買うことは、何度もあることではありません。

 

一生に1回若しくは買わない人も多いかもしれません。

 

1度、家を買ったら、もうあとは死ぬまで住まなければならないと思っている方も多いようですが、住み替えるという方法もあります。

 

住宅ローンが残っているから、そんなの無理でしょう。

 

と思っている方には朗報です。

 

家を買ってホントにこの家を買って良かったなと思う反面、月日が経つともっと良い家に住みたいと欲が出てくるものです。

 

 家を買う年代は、最近では30歳台前半が多いようですが、比較的若い時代に購入するため、住宅ローンを組める金額も自ずと制限が出てきて、購入可能な物件の幅は狭まってしまいます。

 

10年ぐらい経つと修繕の必要性も出てくるのと同時に、年収もそれなりに上がっているので、もう少し我慢して購入すれば良かったと思うようです。

 

そんな場合の解決策は簡単です。売却して新しい家に住めばいいのです。

 

そんな事が本当に可能なのと思った方、可能なんです。

 

やり方は、簡単で、めぼしい物件を見つけたら新たにローンの申込をする。

 

そして、売却したら、前のローンを返すだけです。