売却情報ブログ

中古マンション売却時にリフォームって必要?

インテリア

中古マンションの売り出し前にリフォームを行うかは、悩みどころの1つと言えます。

 

基本的にはリフォームを行って置いた方が内覧まで至った場合に状態を良く見せる事が出来ますし、伴って早期売却・高額売却という点では有利に働き易くなります。

 

但し費用の持ち出しが大きくなり過ぎたり、費用を上乗せした価格設定をした為に相場から離れて売れ難くなるといった問題点も考えられます。

 

そこでこれらの事を複合的に鑑みた場合、売却直前まで居住し続けるようなケースではリフォームは必要としないと考えられます。

 

その場合には設備の痛み等を指摘される可能性がありますが、状態を良く把握して置く事で口頭・文章での説明が可能となりますし、場合によっては退去時に撤去する事も可能となる為です。

 

また間取りを大きく変更出来る可能性がある物件では、購入後にリフォームを前提としている買い手を選択肢に入れられるようになります。

 

結論を言えば、売却前のリフォームが必要なケースもあるものの、必須では無いという事になります。

 

飽くまでも買い手側の好みに合わせるような考え方が大切となります。