売却情報ブログ

抵当権がついたままで売却は可能なのか?

男性、悩み

 

お客様から質問される物事の中で、抵当権がついたままで不動産の売却は可能なのかという疑問をよく耳にします。

 

法律をあげて話をすると、抵当権がついたままで不動産を売買することは可能となっています。

 

しかし、実際に取引がないわけではありませんが、稀なケースとして上げられます。

 

一般的には、滅多な事情がない限り、他人の借金の抵当権が設定されたままで不動産を購入したいという人はいません。

 

複数の抵当権が設定されていたり、他税金等の差押の登記のある物件も任意売却が可能となっています。

 

債権者の中には、競売による換価処分よりも任意売却を好む傾向にある場合もあります。

 

現在の傾向として、売買した代金が1番の人の債権額さえ満足に充足しきれないことも多くなります。

 

その場合、競売で2番以下の債権者には配当が無くなってしまいます。

 

競売の申立を受けて、差押の登記が為されている物件の任意売却も可能ですが、メガバンクを中心に競売の登記が為されている物件に対する住宅ローンの取り組みは回避されています。

 

任意売却は早めに決断して、債権者からの競売の申立を受ける前に実施するようにしましょう。