売却情報ブログ

中古マンションの値引きの相場とは?

町並み

 

中古マンション市場は、新築マンションの売れ行きが好調のために供給の方が多い状況です。

 

それ故に価格はやや下落傾向にありますので、価格の値引き交渉も容易です。

 

相場帯では2000万円台のもので100万円から200万円の値引き交渉はしたほうがいいです。

 

この市場の状況を利用して少し強気の交渉をした方が予定していた価格よりも安く買えることが多いです。

 

しかしあまりにも値引き額が大きいことを素直に相手が受け入れた場合には、少し注意が必要で何その物件に隠れた疵がないか調べたほうがいいです。

 

築年数がかなりたっている中古マンションは、瑕疵担保責任といって中古マンションにある壊れていた部分について補修する責任が免除になることもあります。

 

つまり現状のままで壊れた状態での引き渡しになるので、買ってから水回りの故障がわかっても修理は買ったほうが負いますので、その費用は相当なものになる可能性があります。

 

ですのであまりにも相場帯を越えた大幅な値引きにはたとえ安く買えるとしても何か問題があるのではないと疑問をもつべきで慎重に契約しないと損をしますので注意です。