売却情報ブログ

中古マンションを売却した時にかかる税金の種類とは?

電卓、女性

 

中古マンションを売却した時にかかる税金の種類について、理解しておくと抜けがないか心配することがなくなります。

 

中古マンションを売却した際にかかる税金は、売却仲介手数料から考えていくと良いです。

 

宅建業法で定められている手数料上限額があるため、自分自身で計算を行うことが出来ます。

 

次に、売買契約書に貼付する印紙代が上げられます。

 

売買契約書には必ず収入印紙を張り付けて、消印を行わなければいけません。

 

印紙代は売買価格によって異なりますが、10万円を超えてから、発生するため知っておいた方が賢いです。

 

その他の費用としては、抵当権抹消費用・司法書士費用・測量費用・引越費用などがかかってきます。

 

中古マンションを売却したことによって、売却益が出た場合には税法上では譲渡所得と区分されることになります。

 

譲渡所得税としまた、て税金を納めなければいけなくなり、忘れずに、確定申告をしておかなければいけません。

 

損失が出てしまった場合にも確定申告をしておくと、メリットとなることが多いため、欠かさずに申請を行っておくと良いでしょう。