売却情報ブログ

中古マンションの一番売り時の築年数とは?

 風見鶏

自己所有のマンションを中古マンションとして売却する場合にはできるだけ高い額で売却をするのが望ましいでしょう。

 

では、中古マンションの売り時はいつ頃でしょうか。

 

マンションを所有していて一番費用がかかる時期に売ってしまうのが売り手としては一番お得になります。

 

費用がかかる時期としてはまず、新築の時に取り付けたものが壊れて交換する時期になります。

 

例えば、給湯器や水回りなどです。

 

これらは築年数でいうと15年目あたりが寿命として設定されていることが多いからです。

 

また、管理費や修繕積立金が高くなるのもちょうど15年目あたりになります。

 

この頃になるとマンション自体もあちこちガタが出てきており、どうしても費用を高くせざるを得ないのです。

 

ただ、マンションの価値について考えると、新築以来下落し続けますが、最初の5年に大幅に下落しその後緩やかな下落が続き、15年目あたりから下落が止まります。

 

ということは15年後に売っても25年後に売ってもそれほど売値は変わらないということになります。

 

そうであるならば、15年を過ぎたあたりから売るという考えでもいいでしょう。