売却情報ブログ

中古マンション売却時の手取り金額の試算方法とは?

メモをとる手

今回は中古マンションの売却時にいったいいくらぐらいが手取り金額になるのか解説いたします。

 

試算方法としましてはまず今お持ちのマンションの売却価格が2000万円としましょう。

 

その際、仲介を依頼している不動産会社に報酬として物件価格に3%をかけた値段、つまり60万円、これに6万円を足した66万円が税抜きの仲介手数料になります。

 

消費税を加算すると712800円が今回不動産会社にお支払いする仲介手数料となります。意外とかかるものです。

 

次に気にするところは、自己で居住用としているか、又投資用として所有しているかで変わってきます。

 

何が変わるかというと、不動産の所有者を変更するときに司法書士の先生に登記を依頼します。

 

その登記費用はほとんどは買主側の登録免許税などが大半ですが、登記簿に記載されている現所有者の住所が売却するマンションの住所で登記されているかいないかが別れ道となります。

 

売却するマンションの住所と同じであれば問題ないないのですが、投資用としている場合、大家さんの住所は通常他のお住まい場所にあるはずです。

 

その際住所の変更登記が必要となりますので司法書士の先生に相場として15000円の登記費用をお支払することになります。