売却情報ブログ

中古マンションの査定ポイントとは

中古マンション

 

中古マンションの査定ポイントは何かというと、1つ目は言うまでもなくマンションの状態です。

 

築年数をメインに痛みや不具合の有無が関わってきます。

 

せっかくの住居に亀裂があったり傾いていれば価値は下がります。

 

2つ目は周辺環境です。

 

中古マンションには関係ないと思いがちですが、重要なのは入居希望者がいるかどうかです。

 

住居は高い買い物ですから、後悔しないようによく吟味するはずです。

 

そうなると住居付近の快適さも求めるはずなので、周辺環境も決して無視できない存在です。

 

3つ目は他の中古マンションがあるかどうかです。

 

もし他にマンションがなければ入居する可能性がありますが、ある場合は人気が割れてしまい入居希望者が少なくなってしまいます。

 

そうなればマンションの価値は下がってしまいます。

 

最後は治安関連です。

 

2つ目の周辺環境に似ていますが、例えば川辺や路地裏など不良がたむろしやすい環境があると入居希望者は少なくなります。

 

このように中古マンションの査定ポイントは、意外にもマンション以外の影響を大きく受ける事になります。

 

住めればどこでも良いと考える人は少数であり、ほとんどの人は利便性を求めている事になります。

 

いずれにしても後悔がないように選択しましょう。