売却情報ブログ

中古マンション売却時に不動産屋さんとどのようなやり取りをするのか?

握手

 

 

中古マンションを不動産屋に売却する場合、まずは売主が申し込むことから始まります。

 

そして、実際に不動産屋へ赴き、具体的なやり取りを始めます。

 

まずは資産を評価し、どのくらいの価格で購入するかを判断します。

 

この時に判断の基礎となるのが、マンションの築年数と、実際の状態です。

 

当然、築年数が浅く、物件の状態がきれいな方が価値が高いと評価され、提示価格が大きくなります。

 

判断の基礎資料としては、担当者が現況を実際に見分したり、登記事項証明書を参照したりします。

 

また、近傍同種のマンション価格の相場も参照されます。

 

ここで提示された価格に満足できればそこで終了ですが、満足できなければ価格交渉を行います。

 

最終的に、両社の間で交渉がまとまれば、売買契約を締結し、契約書を作成します。

 

また、中古マンションの売買をした後は、登記を移転しなければなりません。

 

登記を移転するには、両者がともに法務局へ赴き、手続きを行います。

 

しかし実際は、旧所有者が委任状を発行して、買取った側が一人で手続きをするのが一般的です。

 

以上の手続きが終われば、マンション売却に必要なやり取りは終了です。

 

ただし、直接不動産屋が買い取る場合でなく仲介する場合は、

購入者が現れた際の確認が、担当者から売主になされます。

 

それ以外は前述の流れと同様です。