売却情報ブログ

売主が最も有利になる媒介契約の形態とは?

家と自然

 

マンションを売却したいと考えた場合、不動産業者に仲介を依頼することが一般的ですが、

どのような契約を結ぶことが早期売却への近道となるのでしょうか。

 

契約の種類は主に3パターンあり、一般媒介契約、専任媒介契約、そして専属専任媒介契約となります。

 

この中で一番売主にとって有利になる契約は専任です。

 

ただし物件情報を囲い込まず、しっかりと提供する不動産業者と締結することが条件となります。

 

もちろん専属専任でもよいのですが、ご自身の身近な方などが購入されたい場合にも、

必ず契約業者を介することになるので、縛りがきつくなります。

 

また一般の場合は窓口が複数となってしまい、

物件金額を下げるときなどに情報が統一化されずトラブルを招くことにもつながるので、あまりお勧めはできません。

 

では売主の状況を理解し、

物件情報を特定の層だけに公開せず幅広く紹介してくれそうな不動産業者の見分け方ですが、

大手の不動産業者にこだわる必要性はまったくありません。

 

大手だからといって囲い込みをしない保証はありませんので、ホームページ等で活動内容を確認し、

直接対面して信頼が置けるかどうか自分自身でしっかりと判断してください。

 

そして決断したら一定期間はそこの不動産会社に窓口を一本化し売却活動をされることが、高く早く売るための秘訣です。