売却情報ブログ

売却されなかったら値下げをするべきなの?

ハテナ

不動産の売却は、中古マンションなどで人気のある地域などの好立地であれば即売も可能ですが、

そうでないと思ったように売れないのが現状です。

 

不動産仲介業者に依頼して、数か月も経つのに全く売れる気配もなくも、

毎回お問い合わせがなかったとの報告があった場合にはどうすればいいのか悩むところです。

 

まず考えてなければならないのは、売りに出して情報を公開してからどれくらいになるかということで、

1か月2か月程度では期間として短いので最低3か月は待ったほうがいいです。

 

これでも何の兆候もないなら、不動産仲介業者を変えてみるといいです。

 

なぜなら営業力不足が考えれるからです。

 

この営業力がありそうな業者でもダメなら初めて値下げを考慮したほうがいいです。

 

この時点の値下げは、よく業者と聞いてその周辺の実勢価格をしるべきで、

業者によっては微妙に見解が違うので、複数の不動産仲介業者に聞くべきです。

 

そして値下げには、注意点があります。

 

一度下げた場合には、もとの希望の値段に絶対戻せません。

 

不動産仲介業者によってこの価格変動の推移を問い合わせした客に伝えるために、

仮に再値上げしてもまた値下げ交渉され、さらに追い打ちをかけるようにディスカウントの要求があるので値下げは慎重に行うべきです。