売却情報ブログ

査定価格よりも成約価格が上がる人の特徴とは?

 

虹と街と空

最終的に、成約価格が査定価格を上回ることもあります。

 

割合としては不動産を売却した人全体の1割程度になりますが、中には査定価格を1000万以上も超える価格で成約し、

売却が大成功する人も稀にいます。では、価格が上がって成約できた人に、何らかの共通点はあるのでしょうか。

 

まず、査定見積もりの段階から違いがあります。

 

契約を1社に絞り込むまで、複数の不動産会社に査定依頼をしている点が、

成約価格が上がった人の一番の特徴とも言えます。

 

不動産は取引時期によって価格帯が変化し、取り扱う担当者によっても査定のポイントが変わってきます。

 

そのため、同時期に複数の見積もりを依頼することで、より有利に売却できる不動産会社を選択しているということです。

 

そして、査定価格を比較しながらさまざまなアドバイスを受ける機会を設け、

悩みや不安を解消する材料を得ている点も、成約価格が上がった人の特徴の一つです。

 

こうしたやり取りは、担当者のレスポンスの良さをみるチャンスでもあります。

 

成約価格が下がってしまったケースでは、

「適切な価格が分からない」、「どんな不動産会社が良いのか分からない」といった悩みを解消できないまま時間が経ち、

売却までに値下げを余儀なくされた例もあります。