売却情報ブログ

両手取引業者かどうかを見極める方法

女性、注目

 

両手取引業者とは、不動産を売却する時に仲介業者に売主・買主双方がそれぞれに手数料を支払いますが、

売主・買主の両方から同一の仲介業者が手数料を受け取る業者のことを言います。

 

この両手取引業者は売主にとっては、不正な取引を引き起こす可能性がある業者なので注意が必要です。

 

 

両手取引業者かどうかを見極める方法はあります。

 

まず積極的に売物件を宣伝しているかどうかを確認する必要があります。

 

この両手取引業者は意図的に1、2か月くらい売物件を宣伝しなかったりします。

 

なぜなら売主の希望する条件で買いたいという別の業者が現れると

その業者が買主から手数料を受け取ってしまう片手取引が成立してしまうからです。

 

それでは本来意図的に買主からもらえるはずの手数料を受け取ろうと思っていた両手取引の業者は損してしまうので、

それを防ぐ意味で意図的に対象物件を隠蔽したりします。

 

これでは売主にとっては早期売却ができなくなり、非常に不利益を被ることになります。

 

このように手数料を売主・買主両方から受け取ろうとする両手取引業者は残念ながら存在します。

 

自分の物件が適切に広告が出されているかどうかをきちんと定期的に厳しい目で確認することが非常に大切です。