売却情報ブログ

引き渡しができる時期が遠い中古マンションの対処法とは?

手をつなぐ

 

引き渡しができる時期が遠い中古マンションは買主や仲介の不動産業者が敬遠する場合があります。

 

特に売買から引渡しまでが6ヶ月以上を要する場合はなおさら敬遠されます。

 

引き渡しができる時期が遠い中古マンションは特別の対処法が必要です。

 

第一に売却を依頼する不動産業者に早めに相談することです。

 

不動産業者は早めに相談を受ければ対策を考えることができ、購入者を探すこともできます。

 

第二に引渡しができる時期をはっきりとさせることです。

 

転勤等で必ず移動が必要な場合は相手も信用してくれるので売れやすくなります。

 

住宅の買い替えでまだ購入物件が決まっていない場合は相手は信用してくれません。

 

新築住宅に移る場合でも工事の遅れにより約束の日よりも引渡しが遅れてしまったら相手に損害を与えてしまいます。

 

引き渡しができる時期が遠い中古マンションでも引き渡し時期を確実にすることが売買を成立させることにつながります。

 

引き渡しできる時期が遠いことにより売買に支障が出て売買が成立しないような事態は避けたほうが懸命です。

 

その場合に生じる損害に比べれば、一時的に賃貸マンション等に引っ越した方が経済的に得をする場合があります。

 

対処法は工夫により見つけることができます。