売却情報ブログ

築年数が古い物件は売却しにくいの?

家と自然

新築から20年以上住み続けると住宅とあちらこちらに痛みが生じます。

 

もし、20年以上経過してから何らかの理由により売却をしなければならない場合は果たして売れるのかという疑問があります。

 

築年数が古い物件は売却しにくいのでしょうか。

 

この点、20年以上経過すると建物の評価額はほぼ0円かそれに近い額になる一方で、

土地はその地域の地価によって変わってきますので、売却をする場合には土地代しかお金にならないという考え方が普通です。

 

しかし、それは建物を痛みがある状態で売却したときの話であり、実際にはリフォームをすることで建物の価値を上げ、

利益を出すことは可能になります。

 

リフォームをする場合には、20年も経過していると内壁のクロスや外壁塗装だけでは足りず、

フリーリングも歩くとギシギシと音がすることも多いため、フローリングの交換も行います。

 

また、水回りも汚れているだけでなく1世代古いタイプになっていますので、すべて新しい物に取り替える必要があります。

 

リフォーム料金としては最低でも300万円はかかると考えておいたほうがいいでしょう。