売却情報ブログ

新築マンションと中古マンションを売る違いは?

c081e45d8bd710fba7db3c2de7f4d3d4_s

マンションを売却する際には、商品を売るという認識をしっかり持って行う必要があります。

 

つまり、相手にそのマンションを購入したいという気持ちを、強く持たせることが重要になるということです。

 

その点を考えると、中古よりも新築のほうが、有利になります。

 

まだ作られたばかりのマンションですから、内部の設備などあらゆるものが新品です。

 

できるだけ長く住み続けたいと望む購入者であれば、多少高くても新品を選ぶ傾向にあります。

 

一方のすでに使用済みの中古マンションであれば、内部の設備などが経年劣化を起こしています。

 

購入する側にとっては不安に感じるポイントですので、リフォーム費用を考慮して、できるだけ安いマンションを求める可能性が高くなります。

 

その点からしても、新しいマンションのほうが、高く売れやすいという違いを持っています。

 

新築と中古の設備の機能面では、10年くらいの差であれば、ほとんど違いがないとされています。

 

ですが、この事実を購入希望者の全てが知っているとは限りませんので、

専門的な知識を持つ、中古に強いマンション売却業者に依頼することをおすすめします。