売却情報ブログ

マンション売却時の仲介手数料の仕組み

 メモをとる手

住み慣れた我が家を売却するとき、まず行うことは不動産業者に物件の査定をしてもらうということです。

 

不動産のような高額なものを売り買いする際には、専門的な知識や経験が必要ですので、

実績豊富な不動産業者と媒介契約を結び、買主を探してもらうのがマイホーム売却の一番の近道と言えるでしょう。

 

マンションを購入するときは建設会社のデベロッパーから直接購入するので、

不動産業者に仲介してもらう必要がありませんが、マンションを売却するときには専門知識を持つ不動産業者に買主を探してもらうのが一般的なのです。

 

マイホームが無事売買成立した時には不動産業者に成功報酬として仲介手数料を支払います。

 

その仲介手数料の価格は一般的に、物件価格×3.15% + 6万3,000というものが多く、予算に計上しておくことが大切です。

 

この仲介手数料を支払うタイミングとしては物件の売買契約が交わされ実際に物件を引き渡す際に一括で支払うというケースが多く見られます。

 

または契約時に半額を支払い、引渡しの際に残りの半額を支払うという場合もありますので不動産業者に事前に確認するようにしましょう。