売却情報ブログ

マンション売却におけるトラブル事例紹介

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

 

マンションの売却を行う上では、必ず不動産会社の担当者と話し合いをしっかりと行って、

実際に物件を調査してから売り出し価格などを決めることが必要です。

 

マンション売却では時にはトラブルに発展してしまうような内容もあり、売主側にも一定の注意が必要とされています。

 

有名なものでは瑕疵担保責任に該当してしまうような内容があり、

例えば所有者しか知りえなかったような不具合が住宅に発生している場合もあるでしょう。

 

具体的には一定期間を住んでいると水漏れが発生していて、水溜りができてしまう場所が存在している場合や、

ベランダなどに出入りするような掃き出し窓に欠陥が見られる場合もあります。

 

キッチンやトイレなどが頻繁につまりを起こしてしまっている状態の物件などもあり、

不具合に感じていることも基本的には正直に伝えることで後のトラブルを解消させることができます。

 

また、周囲の環境として夜間に騒がしい状態であったり、日中には航空機などが上空を頻繁に飛行するような物件もあり、

売主と購入者のそれぞれが細かい部分にまでチェックを行うことでトラブルを軽減することができますよね。