売却情報ブログ

都道府県別不動産売却と価格動向~関東地方編~

空とスカイツリー

 

都道府県別の不動産売却状況や価格変動の中で関東地方はやや異色な存在です。

関東地方の中で一番地価が高いのは言わずと知れた東京ですが、

東京の売却状況は平均すると1坪あたりおよそ277万円となっており、

他の都道府県はおろか、全国で第2位の大阪府の4倍近くの売却価格になっています。

 

もちろん、東京都内でも地域によって地価は大きく異なりますが、23区内に限定すれば坪単価100万円以下になることは少ないのです。

 

地価の価格動向についてみると東京都では2014年から2015年にかけておよそ6パーセントの上昇をしています。

 

これも他の都道府県に比べるとかなり大幅な上昇率になっています。

 

逆に、関東地方の中で一番不動産売却価格が安いのは茨城県で、

東京都と対照的で地価の価格動向はおよそ2パーセントほど減少しています。

 

また、売却価格も1坪あたりおよそ10万円と東京都の27分の1の値段で購入することができます。

 

このように同じ関東地方でも、東京都とそれ以外の県では大きな開きがあることがわかります。

 

ですので、関東地方だから地価が高いと言うことは一概に言えないのです。