売却情報ブログ

マンション売却において滞納していた管理費はどうなるの?

家と設計

 

マンションの売却を行う上では不動産会社と媒介契約を結ぶことが一般的です。

 

マンションの場合では集合住宅になるので、戸建て住宅とは異なり、全ての入居者に対して管理費の徴収を行っていることも一般的です。

 

管理会社や管理組合に対して支払い義務が生じている内容ですが、

マンション売却を行う際に滞納している管理費があった場合では、円滑に売却を行うことができない場合もあります。

 

通常では不動産会社が調査をしっかりと行っていることになり、

滞納してしまっている部分を売却額から差し引いて組合などに対して一括にて支払うことも行われています。

 

したがって、売主はマンションを手放す際には滞納分の管理費を逃れることができないルールになっていて、

支払うお金を持ち合わせていないケースでも、実際に売却できたお金から支払われることになります。

 

この方法であれば、実質上として持ち出し金を無くして支払うことができ、そのまま手放すことはできますが、

管理費については滞納してしまうとトータルの金額が高額になってしまうことになるので、しっかりと支払っておくことが大切でしょう。