売却情報ブログ

ローンが残っていても不動産は売却できるの?

ハテナ

マンションの売却を検討されている方の中には、住宅ローンの残債が残っている方も大勢いるでしょう。

 

それでも売却を行うことを強く希望されている方も多く、この状態で売却できるのかどうかの判断で迷ってしまことがありますよね。

 

一般的には残債が残っている物件であれば抵当権が付けられていることになり。

 

抵当権を解除する方法で売ることができます。

 

しかし、金融機関では支払いを済ませることができるまで抵当権を外すことは有り得ないものと判断することができます。

 

ところが、マンション等の不動産の場合では、売却を行う方法でまとまった資金を得ることができることも事実になります。

 

その売却額にて残債を一括して支払うことができれば、問題なくマンションを売ることができます。

 

例えば1,000万円のローンが残っている状態でも1,500万円で売ることができたならば、

プラス収支になることから問題なく不動産を売ることができるでしょう。

 

たとえ得ることのできた資金でローンの残債を賄うことができない状態であっても、

別途預貯金などでカバーできる方であれば、大きな問題は起きないものとして売り出すことができますよね。