売却情報ブログ

マンションを買うよりも難しい?マンション売却の実態とは

中古マンション

 

現在の日本の住宅供給量に対して需要量が少ないのが現状です。

 

もちろん少子化で人口が減っていることもありますが、

それ以上にマンションが建ちすぎ供給過多になっているのが最大の要因です。

 

一部首都圏や大都市では値段が下がらないマンションなど話題になっていますが、

その他の地域では現状築年数の経過に伴い価値が下落しています。

 

そういった理由で新築マンションもそれほど高い値段を付けることが出来ず、

中古マンションは住宅ローンの残債等の理由であまりに低い値段で売るわけにもいかず築年数相応にならざるを得ず、

お得感を出すことが出来ません。

 

ゆえに、売却が厳しくなってくるのが現状です。

 

中古マンションで現在注目を集めている売り方は不動産業者とタッグを組んでリフォームプランを組み、

不動産業者の持つ中古物件をリノベーションしたモデルルームを希望者に見てもらい物件価格プラスリフォーム費用で販売する方法です。

 

そのままで価格を下げても売れないのが実態ですのでリスクはありますが、

売却価格にも上乗せすることが出来る分、売れた時の手取り額はふえますので他と差別化を図る上でも魅力的な方法のひとつです。