売却情報ブログ

マンションを売却したら必ず行わないといけない確定申告の基礎知識

5485fbc8422ae3b01d01d4dc5a323832_s 

 

転勤などによりマンションを売却しなければならないと言ったケース、

住み替えをするのでマンションを売却するケースなど理由は様様々ではありますが、

不動産を売った場合は、売却益と言う収入が入る事になります。

 

このお金は不動産所得と呼ばれるお金で在り、課税の対象となるため、確定申告を行って税金を納めることが必要になります。

 

但し、売却益が在る場合、損失が在る場合により確定申告が必要になるか否かが異なります。

 

売却益が在ると言うのは、マンションを売った事で不動産所得となる利益が在った場合で、

税法上の中では譲渡所得と区分され、この場合は、確定申告を行って譲渡所得税と呼ばれる税金を納める必要が在ります。

 

一方、損失が在る場合ですが、マンションを売ったけれども住宅ローンが残っていて、

売れたお金でローンを支払った等損失が生じた場合などでは確定申告を行う必要は在りません。

 

但し、給与などの取得と損益通算を行う事で税金を安くすることが出来るため、

この場合は確定申告をすることで損失が起きていても税金を安く出来るなどのメリットに繋がります。