売却情報ブログ

マンション売却時の「囲い込み」とは?

女性、わからない

マンションを売りたいという方は、できるだけ高く売りたいと考えたり、

希望する期限までにスムーズに売りたいと考えるものです。

そうした売主の考えとは裏腹に行われるのが囲い込みです。

 

この囲い込みは不動産売買の業界で問題になっているものなのですが、

お客様であるはずの売主にまで影響が及んでしまうこともあります。

 

一般的に不動産物件情報は多くの不動産業者で共有されていますのでお客さんから物件を売りたいという依頼が来た場合、

自社のみで販売せず業界全体で情報を共有します。

 

このシステムをレインズといい、宅地建物業者は不動産情報をオンラインで情報共有しています。

 

そのため街のどんなに小さな不動産業者でも幅広い物件を紹介することができる、たいへん公平なシステムです。

 

このレインズがあるからこそ、売主は多くの不動産業者を通して買主をスムーズに見つけ、

納得の価格でマイホームを売ることができるのです。

 

ところが一部の心無い業者は、仲介手数料を得たいために、売主からの物件売却の情報をレインズに登録しても、

実際の他の不動産業者からの問い合わせに対応しないというケースもありこれを囲い込みと呼んでいます。