売却情報ブログ

マンション売却において売出時の価格と成約時の価格の差は大体どのくらい?

8efab9998903e236a2ed2e86b304d72c_s

 

多くの方が所有しているマンションなどの不動産を手放すような場面では、

できるだけ高い価格で売り出すことを希望していることになるでしょう。

 

不動産の場合では生活雑貨品などとは異なり、高額な価格にて売買されるものになるので、

売却を行う価格に関しては慎重に精査した上で決めることが必要です。

 

不動産会社では物件の価値をあらゆる面から導き出すことを行っており、過去の同じような物件の取引き例なども参照することがあります。

 

その上で売り出し時の価格設定を行って、オーナーが了解した場合ではそのまま売却を進める方法になります。

 

しかし、実際には購入者が現れた場合でも、制約時の価格と差が生じることも珍しいことではありません。

 

このことに関しては購入者側は少しでも安く買おうとすることを挙げることができ、この条件に関しても自然なこととして考えることができます。

 

では、実際にどのくらいの差が生じているかと言えば、

かい離率というものを見ることができ、全国平均では約8%程度のマイナスになることが多い傾向にあります。

 

例えば1,000万円の物件であれば、920万円程度で販売できることが多いものでしょう。