売却情報ブログ

都道府県別不動産売却と価格動向~近畿地方編~

道頓堀

不動産の売却価格は、その地域によって大きく異なっています。

 

そして、都道府県によって、ある程度の価格動向が見られます。

 

近畿地方で大阪府を取り上げて見てみます。

 

大阪府の土地価格は、人口との相関があって、東京、神奈川に次いで全国3位となっています。

 

土地価格の平均は、坪で67.8万円となっています。

 

ただ、大阪の場合は、活発に開発が行われている地域以外は、土地価格の差が顕著になっていますので、

もし売却するときは、必ず、事前に査定をしてもらってから、着手すべきです。

 

大阪府での土地価格の動向を見ますと、バブル崩壊で極端に下落したものの、

2005年に底を打ち、その後、リーマンショック発生までは土地価格が上がり続けたのです。

 

リーマンショック後は下落したものの、北区などの商業地域は下落幅は小さいです。

 

大阪府の住宅価格は、わずかずつではありますが、伸びてきている傾向を示しています。

 

とはいえ、大阪府の南部地域の一戸建てなどは、取引価格もやや下がりつつある傾向を示しており、

大阪全体の住宅価格が上昇基調にあるとは言い難いです。