売却情報ブログ

まだマンションが売却できていないのに媒介契約期間が満了した場合どうするべき?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

マンションの売却を行う場面で、不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、

一般的には最大で3ヶ月間と定められている内容でしょう。

 

不動産会社はこの3ヶ月間で購入者を集うことになり、売れた場合では所定の仲介手数料を徴収できることになります。

 

しかし、物件によっては3ヶ月の媒介契約期間が満了してしまっても、売れずに残ってしまうことがあるでしょう。

 

このようなケースではマンションの所有者は次の行動について迷ってしまうことになります。

 

そのまま放置をした場合では、原則として不動産会社との契約が切れてしまうことになるので、延長を行うことを希望しているのであれば、

再度媒介契約を結ぶことが求められています。

 

しかし、何度契約しても売れ残ってしまうようであれば、不動産会社に問題がある場合や、

マンションの売却額などに問題がある場合もみられるので、全体的な見直しを行うことが良い方法です。

 

例えば売却額を下げて売ることを行ったり、不動産会社を思い切って変えてみることも一つの解決策になり、

優れた不動産会社を探すことが最も良い方法になるでしょう。