売却情報ブログ

マンション売却が非課税になる場合ってあるの?

家と設計

マンションなどの不動産を売却するような場面では、大きな収入を得ることができる内容なので、確定申告を行って所得税を支払う義務が生じています。

 

所有者にとっては大きな税金になってしまうこともあり、

中には不都合に感じてしまう方も存在していますが、実際にはマンションを売却した際にも非課税になることが多いので、

いくつかの事例を見ながら予め知っておくことが望ましいことです。

 

まずは、売却を行っても、それ以上に住宅ローンの残債がある方のケースでは、利益を得たとは認められないことになり、

非課税の対象になります。

 

また、購入した金額よりも安く売ってしまった場合でも、申告することで税金が還付される可能性もあります。

 

住宅用として住み続けてきたマンションを手放す方の場合では、3,000万円までの控除額が設定されています。

 

多くの方がこの内容に該当するのですが、不動産会社などに支払った手数料などを全て省いた利益が3,000万円までの方の場合では、

非課税の対象になることから所得税は発生しないので、安心してマンションを手放すことができますよね。