売却情報ブログ

中古マンション売却にかかる費用と戻ってくるお金はどれくらいなのか?

女性1

 

中古マンションの売却時に関しては、売却したことで得られる売出し価格のほかに、

かかる費用と戻ってくるお金というものが発生することになります。

 

中古マンションを売る際には不動産会社に依頼を行う方法なので、印紙代や仲介手数料の支払いが必要とされています。

 

司法書士に支払う費用なども必要とされていて、マンションを購入した価格よりも高い金額で売ることができた場合では、

譲渡所得税を支払う義務も生じることが一般的です。

 

逆に戻ってくるお金に関しては、

マンションの組合などに支払っている管理費や修繕積み立て費の先払い分などがあれば精算されることになり、

固定資産税なども戻ってくることになります。

 

火災保険に加入をしていた方で、前払いをしている部分がある方のケースでは、保険を解約することで月割りにて戻ってくることも一般的です。

 

銀行で住宅ローンを組んでいた方の場合では、保証料を支払っていることが前提になりますが、

一括して残債を支払った場合では、保証料が戻ってくることも基本です。

 

中古マンションでも売却時には出費と収入を得ることができる内容があるので、十分に理解しておくことが望ましいことでしょう。