売却情報ブログ

マンション売却にかかる税金は?

家と設計

 

マンションを売却した代金が丸々懐に入ってくると思っている人はいないでしょうが、

どれくらいの諸費用が差し引かれるのかはっきりと分かっている人は少ないでしょう。

 

いくらで売れるかによっても異なりますが、おおよその諸経費を知らなければ住み替えの準備もできません。

 

ここでは、マンションを売却する際にかかる税金に絞って見ていきましょう。

 

まず、購入した時よりも高く売れた場合には、その分が所得とみなされ、住民税や所得税が上がります。

 

ただ、購入した金額よりも高く売れることは稀ですし、仲介手数料など、売却にかかる諸費用を差し引くこともできます。

 

そのため実際に税金がかかるほどの利益を得られることは稀です。あまり心配しなくても良いでしょう。

 

あとは売買契約にかかる収入印紙です。切手のような形をしていますが、印紙税という税金です。

 

売買契約の金額によって1万円~6万円と決まっています。

 

所有権の移転登記費用は売主、買主のどちらかが負担しますが、抵当権に抹消にかかる費用は売主の負担となります。

 

このように、売却にあたっては税金よりも手数料などのほうが高くつきます。