売却情報ブログ

投資用のマンションを売却するときにかかる費用は何があるの?

e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

投資用として所有してきたマンションを売却することを希望されている方もいます。

 

このような状況では一般的には受け取ることのできる金額が大きくなることになり、まとまった資金を得ることができるでしょう。

 

しかし、投資用のマンションを売却する際には、売主側も支払うことが求められる費用なども出てくることになり、予め知っておくこともよいでしょう。

 

例えば印紙税があり、1,000万円以上で5,000万円以下の物件の場合では15,000円の印紙税が必要とされています。

 

また、不動産会社に依頼を行う方法であれば、仲介手数料が必要とされていて、

通常では物件の価格に対して約3%と63,000円のお金の支払いが求められていることも一般的でしょう。

 

他には譲渡所得税などが物件によっては発生することもあり、居住用ではない場合では多くのケースで支払いが求められる内容になります。

 

物件の販売手法によって異なる場合もありますが、ハウスクリーニングなどを施すような場面では、

条件によっては売主側が負担を求められるケースもみられ、一定の支出は発生することになるでしょう。