売却情報ブログ

相続税改正がマンション売却に与える影響とは?

マンションと空

 

2015年に相続税改正が行われ、基礎控除額の引き下げが行われ、実質的な増税として捉えられています。

 

今までの基礎控除額は5000万円に法定相続人の人数に1000万円をかけた額の合算がそれとなり、

3人いれば8000万円の基礎控除がありましたが、2015年以降は3000万円に減額され、

法定相続人の人数に600万をかけた額の合計となりました。

 

結果、4800万円の基礎控除にとどまり、課税対象額が3200万円も増えることになります。

 

この結果、かなりの金額を相続税として支払う必要があり、

相続によってマンションの売却をせざるを得ない状況に追い込まれた人が増えています。

 

この結果、マンションの売却を多くの人が行うようになり、市場に中古マンションが出回るようになり、価格下落の要因となりつつあります。

 

特に地価の高い都市部などでこうした光景が見られるようになっています。

 

価格が下落してしまえば、相続税を支払った後に手元に残る金額がわずかとなってしまいます。

 

相続税改正はマンション価格の下落という形で影響をおよぼしています。