売却情報ブログ

成約されやすい中古マンションの築年数は何年?

女性、注目

 

中古マンションを選ぶ理由として新築と比べて価格が安いという点で魅力に感じる人も多いでしょう。

 

特に築浅の物件は新築並みの綺麗な状態と最新設備がついているのに若干安く手に入る点で

中古マンションで販売されるとすぐに売れてしまう事が現実でもあります。

 

しかし築年数10年未満の築浅の中古マンションは新築マンションとはさほど変わらない金額である事も多く、

リフォーム代を考えると大差ない結果になる事も多く、そのくらいの金額を出すのであれば

新築の少しグレードを落とした物件の方が資産価値としても良いのではないかという声も聞こえます。

 

また最近では築年数30年程度の中古マンションも販売台数を伸ばしています。

 

なぜ築年数が古い物件が人気を呼んでいるかというとリフォームにお金をかけたいという若者世代が多く、

30年程度経てばかなり価格としても落ちているのでリフォーム代とセットにしても新築よりもお得に感じる部分が大きいからでもあります。

 

既に将来を見据えた間取りに変更したりとリフォーム済の物件もあり、物件の寿命は60年とされる中、築30年以上でも十分に長く住む事が可能です。