売却情報ブログ

両手取引の注意点について

自宅を売却する時や中古の住宅を購入する時には、

不動産会社に仲介手数料を払うことは良く知られていますが、

不動産会社が不動産を売りたいと思っている売り手と不動産を

買いたいと思っている書いての両方から手数料を支払ってもらうことを、

両手取引といいます。

 

つまり、売主も買主も仲介手数料を支払うため、不動産会社は、

一つの売買契約で2倍の手数料を得られるので、大変得をします。

売主が依頼した不動産会社と買主が依頼した不動産会社が違っても、

お互いの条件があって売買契約をする時に、それぞれの不動産会社に仲介手数料を支払うので、

納得ができますが、同じ不動産会社に売主も買主も依頼した依頼した場合に、

両手取引になるのです。だからといって、仲介手数料の減額を求めすぎると、

紹介を拒否される事態を引き起こす可能性があります。

 

仲介手数料は、不動産会社が売りたい家を宣伝したり、

買い手を探したりする費用になり大切なので、

2つの仲介業者が話し合って解決策を導き出すことなどができないことが多く、

最初から仲介手数料を値引くことは難しいことを理解しましょう。