売却情報ブログ

戸建や中古マンションの住宅ローン控除。買い主別の対応方法についてー耐震基準適合証明書編ー

住宅を購入する際、戸建てかマンションか、

新築か中古かをはじめに決める人も少なくありませんが、

不動産は、立地と建物が一体となっているので、気に入る物件に出会うことができれば、

それが中古マンションということもあります。

 中古マンション購入の際に住宅ローンを利用すると、

住宅ローン控除(正式名称、住宅借入金等特別控除)といって、

10年間にわたって、借入残高の1%(ただし1年あたりの上限20万円)、

トータルでは最大200万円が、所得税と、

引ききれない場合は住民税から税額控除を受けられます。
 

ただし、住宅ローン控除には適用要件があり、

木造建築の場合、原則として築20年以内でなければ対象になりません。

 しかし、ここであきらめなくても、築20年を超えてしまっている場合、

耐震基準適合証明書を取得すれば、

住宅ローン控除が適用できるほか、登記費用(登録免許税)や不動産取得税なども減免されます。

 取得には10万円程度必要なほか、耐震補強工事が必要になってくる場合もありますが、

中古マンションに住み続けるには、耐震補強はどちらにしてもしておきたいものです。

 

 手続きは、決済日までに証明書を交付できるように、

タイムスケジュールを確認しながら行いましょう。