売却情報ブログ

中古マンション売却における確定申告の必要性について

大切に暮らしてきた我が家から離れることを決断し、

中古マンションの売却が成立した時には、お金を得ることになります。

収入があった場合には、買った時よりも不動産が高く売れたか、安くなってしまったかによって、

確定申告をする必要があります。

マンションが買った時よりも安く売ることになり、

損失が生じた場合であっても、税金はかかりませんが、

所得税の還付を受けることができる特例があるので、

該当する場合には、確定申告をすることがおすすめです。

また、中古マンション売却で、利益が生まれた場合には、必ず確定申告をしなければなりませんので、

忘れずに手続きを行いましょう。

 

3000万円を下回る物件の場合、利益があったとしても、

納税の義務が発生することは少ないことが多く、

また、3000万円を超えた人であっても、軽減税率を受けることができる場合があります。

また、買い替えの場合には、マンション売却価格から取得した住宅価格を差し引いて、

残った部分に課税される特例を受けることもできるので、

良く調べて、損をしないように確定申告をすることがおすすめです。