売却情報ブログ

中古マンションの固定資産税について知っておくべきこと

固定資産税は、1月1日時点で不動産を所有している人に、

市町村が課する税金のことです。

 

地方公共団体が税額を自動的に計算し、納税通知書を送る賦課制度になっています。

固定資産税は、固定資産税評価額に標準税率をかけた金額になりますが、

標準税率は、それぞれ市町村の財政を含めた判断によるので地域によって異なります。

固定資産税には条例で納税義務を免除する場合がありますが、

税金の減免は申請しなければならないので注意が必要です。

また住宅や中古マンションを購入した場合には、

固定資産税は日割り計算によって売主と買主の両方が負担することが慣例になっています。

 

買主が負担する固定資産税分の金額は税金ではないですが、

円滑な取引を進めるためには必要な場合があります。

 

媒介業者が、中古マンション買い主の引き渡し日から

12月31日までの日割り計算した負担分を売主に支払う、

もしくは、両方から日割り計算をした額面を預かって市町村に支払うをいう方法を取るのが一般的で、

住宅や中古マンション物件の引き渡し日は買主が負担するケースが多くなります。