売却情報ブログ

中古マンション売却価格の決定方法とは

中古マンションを売却する時には、できるだけ高く売りたいと考える人が多いのですが、

高く思える家はなかなか売れず、家自体を気に入ってもらったとしても、

価格面で折り合わずに、話が流れてしまうことも多くあります。

 

中古マンションは、土地の相場や建物の価値を踏まえてつけられますが、

売主の意見を反映した売却希望額をつけることが多く、

結果的に、高いと感じる価格になることも良くあります。

不動産は、時間がたつほど、値下げをしたりしなくては売れにくくなるため、

早く売るためには、買主の希望も反映しなければならないので、参考にしてください。

 

お互いが納得のいく価格を見つけることが、適正な売却価格を決定するために大切で、

どちらか一方の想いだけでは、中古マンション売却が成立しませんが、

家の価値に見合う価格に折り合えば、売却できる可能性が高まります。

価格は、古いと安くなりがちですが、きれいさや新しさも高く売れる要因になるので、

築年数なども考慮して価格をつけることが大切です。