売却情報ブログ

一戸建て、マンションを売却するためにも費用がかかる原因とは

一戸建てや中古マンションを売却するときにも税金や諸経費がかかり、

売却額からこれらを差し引いた額が手取り額になります。

 

ここでは、一般的な諸経費について解説します。

まず、仲介社に支払う仲介手数料が必要です。

これは、一戸建てや中古マンション売却が成立した際に、仲介した不動産会社に支払う手数料で、

取り引き物件価格によって上限が決められています。

取引物件価格(税抜)がで400万円超の場合には、

「取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税」が仲介手数料になります。

 

売買契約書に貼付するための印紙代もかかります。

一戸建てだと測量費用がかかる場合もあります。

あらためて実測する場合や境界がはっきりしない場合には測量費用も必要ですので、

予定しておくとよいでしょう。

 

測量費用は、土地の形・大きさで大きく異なります。

古家を解体してから売却する場合には、解体費用が必要です。

所有権移転に伴う住所変更登記などの登記費用は、売主の負担です。

登録において司法書士手数料などがかかることも知っておきましょう。