売却情報ブログ

中古マンション買い主別の対応方法についてー住宅ローン特約編ー

一戸建てや、中古マンションなどの不動産の売買は、金額が大きいだけでなく、

立地や広さ、設備など、同じものが二つと存在せず、

代わりのものを引き渡すことができないので、契約は特に重要なものです。

中古マンションを含めた不動産取引の商慣行では、

契約を白紙解除するとき、売主側の都合による解除は手付金の倍返し、

買主側の都合では手付金の権利放棄という条件が行われていますが、

あくまでも慣行なので、契約書に記載をしておくことが大切です。

また、買い手がローンの利用をする場合、売主の承諾を得てローン特約をしておくと安心です。

ローン特約は融資利用の特約であるため、売主は承諾をしないこともできます。

ローンが下りない場合、買主の責任とも言いきれませんが、

売主は、ほかの人に売却する機会を失う可能性があります。

ローン特約を付けるよりは、即金で買ってくれる人を待つという選択肢もあり得ます。

買主にとっても、万一ローンが下りない場合に、不動産が手に入らないうえに手付金を失うことになり、

一番主要な特約であるため、契約の成立を左右する大切な条件です。

ローン特約を付けるかどうかは売主の任意ですが、特約を付けて、

ローンが下りない場合は、違約金なしの解約に原則として応じる必要があります。