売却情報ブログ

中古マンションの買い先行か売り先行かの見分け方

一戸建てや中古マンションなどの家の買い替えをする人がやるべきことは、

現在住んでいる家を売却することと、次に住む家を見つけることです。

売りと買い両方にメリット・デメリットがあるので、状況に応じてどちらを先に行うか判断します。

 

まず、住宅ローンを支払い終えているかについてです。

住宅ローンは残っていても家を売却することは可能です。

しかし、次の物件でもローンを組んだ時に前のローンも払わないといけないので、

二重のローン返済で経済的な負担が増えます。

だから、売り先行でまずローン返済の資金を準備します。

また引き渡しまでに期間がある場合は、新しく家を買うまで一時的に別の場所で生活しなければならないので、

売り先行は適していません。

買い先行なら引渡しを気にせずに、次の物件を探す余裕が生まれます。

土地や治安など不安がある場合は、地価が低いので買い先行の方が売れる可能性は高いです。

新しい家を安い金額で契約し、元の家を売却したほうが利益がでます。