売却情報ブログ

中古マンションの媒介契約の契約の種類についてー先行入居編ー

中古マンションの媒介契約には3種類あります。

不動産会社1社だけに仲介を依頼する契約で他業者への依頼は出来ないのが、専属専任媒介契約です。

依頼者が見つけた相手方とは契約できず、もし契約した場合には違約金を支払う必要があります。

 

業者は、5日以内にレインズ(指定流通機構)に登録する義務があり、

1週間に1回以上は依頼主に報告する義務があります。契約が有効なのは3ヶ月以内です。

専任媒介契約も、専属専任媒介契約同様、不動産会社1社だけに仲介を依頼する契約ですが、

自己発見取引は認められているため、違約金は発生しません。

7日以内に、レインズに登録する義務があります。

契約が有効なのは3ヶ月以内で、2週間に1度以上は依頼主へ報告する義務があります。

一般媒介契約は、同時に複数の不動産会社と契約できます。

契約の有効期限はなく、レインズへの登録義務はなく、依頼主への業務の報告義務もありません。

時間をかけてでも納得できる価格で中古マンションを売却したいなら一般媒介契約、

スピードを重視するなら専属専任媒介契約や専任媒介契約が向いています。