売却情報ブログ

中古マンション査定で失敗しないためのコツとはー時期編ー

中古マンション等の住宅の売却を検討している場合はまず不動産業者に物件の査定をしてもらいます。

その査定額を元に売却価格を決めるのですが、査定の時期によって金額に違いがあります。

タイミングを狙って上手に査定してもらうことが大切です。

 

生活のインフラが設備される時期に合わせて査定してしまうと査定額のアップが期待できます。

インフラ設備が整えばそれだけ生活の利便性が高まりますので物件の価値も高くなります。

また新しい住宅ローンが銀行から販売される時や税制的優遇措置が取られる時も住宅購入希望者の増加が見込めますので

査定には良いタイミングということが言えます。

中古マンション等の住宅を売却する際は、売却する側の視点だけではなく

購入希望者の視点で住みたい人のニーズを意識すると良い査定を受けることが出来ます。

購入希望者は出来るだけ負担を抑えて良い物件を購入したいと考えています。

生活環境の整備や税金の優遇措置などの条件をもとに購入判断をしますから、

多くの購入希望者が同じタイミングで中古マンション等の物件購入を検討することは多いです。

そうしたニーズが多い時期は査定にも有利に働きます。