売却情報ブログ

中古マンション等の不動産両手取引における「レインズ」の意味とは

レインズとは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営・管理する不動産流通標準情報システムで、業者間の情報交換システムのことです。

全国の物件情報・取引情報が一元管理されており、

不動産会社は全国の情報を検索して顧客に紹介できます。

 

不動産会社は、専任媒介契約や専属専任媒介契約で売却の依頼を受けた物件については登録しなくてはいけない義務があります。

レインズに登録されると、登録証明書が発行されて、不動産会社から売主に送られます。

売主にとってはレインズに登録されることで、

一戸建てや中古マンションなど購入を検討する多くの人の目にとまる可能性が高くなりスピーディな売却が期待できます。

買主にとっては、不動産会社1社から、条件に合う多くの物件を紹介してもらえるので、

希望通りの物件に出会える可能性が高くなります。

不動産取引では、1社が仲介すると売主と買主の両者から手数料を受け取ることができます。

これを両手取引といい、2倍の手数料を得られるため、

中には両手取引をするためにお客によって紹介を拒否する業者もいます。

トラブルを防ぐためにも、一戸建てや中古マンション等の不動産の売買では、

仲介する業者が信頼できるかを見抜く術を身に付けるのが大切です。