売却情報ブログ

中古マンション、住宅売却の際に、敷地境界を確認しておくべき理由とは

一戸建てや中古マンションなど、その売却を考えているなら、早めに土地の境界線を明らかにしておくと、

その後のトラブルを防ぎ、気持ち良く売買を成立させることができるので、敷地境界線を確認しておくことがおすすめです。

 

境界線の位置は、隣地所有者と大きな利害が生じるので、あいまいなまま売却することはできません。

暮らしている時には、境界線があいまいなままでも不都合が生じないことが多いので、

自分が考えている境界線と隣地所有者が考えている境界線が食い違っているということが、実際にあるので、気をつけましょう。

敷地境界線が分からない場合や確認したことがなかった場合には、不動産業者が代理で行う場合もありますが、

土地家屋調査士に依頼する費用性があるときには、売主が費用を負担する場合が多いので、良く確認することがおすすめです。

 

あいまいなままでは、一戸建てや中古マンションの不動産を売却することができず、

あわてて依頼して時間がかかっているうちに、契約が流れてしまうこともあるので、最初に確認しておくとよいでしょう。