売却情報ブログ

中古マンションや一戸建て住宅の「更地渡し」をする際の注意点とは

中古マンションや一戸建て自宅が古くて資産価値がない場合や買主が新しく家などを建てたい場合に、更地渡しをすることがあります。

新しく建物建てたい人にとっては、敷地に建物があると、解体工事が必要となってくるため、

費用が余分にかかってしまうことになるので、更地渡しが魅力になって、契約が進む可能性が高くなることがあります。

 

更地渡しをする場合には、契約の日にちまでに、確実に建物(一戸建て、中古マンション)を解体・撤去して更地にして渡すことが必要なので、

きちんと計画をして、準備を進めることがとても大切です。

白紙解除の可能性があるうちは、進み具合が遅い、などの理由で契約を解除されてしまう場合があるので、気をつけましょう。

 

解体作業は、雨の日や風が強いなどの理由で、作業ができないことがあり、天候により作業が遅れてしまう可能性があります。

余裕を持った日程を組んで、確実に引き渡しをすることが大切ですので、引越しは早めにする必要があります。

ギリギリになってあわてることがないように、早めに計画をしたり、引っ越し業者の手配をすることがおすすめです。