売却情報ブログ

中古マンション売却時の不動産会社との契約方法の確認の重要性について

中古マンションを売却する場合に、不動産会社とどのような契約をするかはその不動産が早く売れるかどうかに大きく関わってくるので十分注意が必要です。

この不動産会社との契約内容により、買い手と結ぶ契約の種類も関係してくるほか、

不動産売却に関わる税金についても大きく変わってくるので十分な確認が必要です。

この契約方法をきちんと選ばないことが、売れない理由につながっている場合もあるので注意が必要です。

 

中古マンションを売却する場合には、様々な方法があります。

一つは不動産会社に売却する方法です。

この場合には不動産会社が買い上げ、リフォームなどを行った後販売するという形ですが、

基本的には買取金額が安くなってしまうのが難点です。

しかし、契約が成立すればすぐに入金されるのがこの方法です。

 

他に、不動産会社が仲介して第三者に販売するケースがあります。

このケースが最も多いと思われますが、新たな買い手が見つかるまで入金されないのが一般的です。

また、この方法には専任媒介と一般媒介があり、

専任媒介の場合には自分で買い手を見つけた場合でも契約違反による賠償を求められる事態になることがあるので注意が必要です。