売却情報ブログ

中古マンション売却にかかる3つの税金について

マンション住み替えなどのために、今住んでいる中古マンションを売却する時には、売却価格のことばかりを考えてしまいがちですが、

実際には、手数料がかかったり、税金がかかったりするので、必要な費用のことも理解しておくことが大切です。

特に、中古マンションを売却すると、税金がかかることを知っていても、内容までは分からないことが多いので、家や土地などの売却を考えているなら、

中古マンション売却にかかる3つの税金について知っておくことが必要です。

 

家や土地の売却にかかる税金は、利益額に応じた所得税と住民税、売買契約書に必要な印紙代、所有権移転の申請をする際に必要な登録免許税の3つです。

登録免許税は、住宅を購入した時、引き渡しを受けるのと同時に登記の申請を行いますが、この時に必要となる税金のことを言います。

新築建物などで最初におこなわれる所有権の保存登記や土地や建物の売買による所有権の移転登記、贈与や相続による所有権の移転登記などがありますが、

中古マンションを含む不動産の受け渡しがあるときは、必ずかかるので覚えておくとよいでしょう。