売却情報ブログ

中古マンション買い主別の対応方法についてー土地測量編ー

中古マンションを売却しようとする時には、土地や建物に価格をつけて、売却価格を決めることになり、

土地は、その土地の面積に単価を掛け合わせて算出した価格をもとに、様々な要素加味して価格を決めることになるため、

正確な土地の面積を知ることが必要です。

 

費用は土地の面積に費用されるので大切です。

土地の面積を知るには、法務局で、不動産登記簿謄本を取り寄せることが一般的ですが、昔の測量技術や測量器具よりも、

最近はより正確で高度な物に進歩しているので、正確な面積でないことがあります。

隣との境界があいまいだったり、損をしてしまったりすることもありますし、飼い主が損をしてしまうと、後々トラブルに発展することもあるので、

過去に測量図面を作成していない場合は特に、測量を行うのは必然的です。

 

測量には費用がかかるので、不動産会社と、費用は誰が負担するのかなどを話し合う必要性がありますが、

あらかじめ土地の測量をしておくことは、中古マンション売却に向けての第一歩と言える作業なので参考にしてください。