売却情報ブログ

中古マンションや一戸建て買い先行のメリットとデメリットとは

今のマンションや一戸建て住居を住み替えるときには、中古マンションや一戸建てを売却してから新居を購入する売り先行型と、

新居を購入してから家を売却する買い先行型とあります。

どちらにもメリットとデメリットがあり、住みかえる方の事情によって選択することになります。

新居購入を先にする買い先行は、住む家があるため新居探しをじっくり吟味する余裕があります。

そのためには、今住んでいる中古マンションや一戸建ての住宅ローンの支払いが済んでいる場合で、

時間にもお金にも余裕が生まれ、新居への引越しがスムーズになります。

また、決まっている売却金額を基に、新居の購入予算が立てられ、新たに大きなローンを組まなくても済み、資金が少ない人にはお勧めです。

売却価格や売却時期が確定していない場合は、購入資金を先に用意しなければいけなくなります。

 

資金が用意できず、希望に沿わない価格での売却を余儀なくすることになるデメリットが生じるのです。

また、資金計画が立っていないため、新たなローンを組むことにもなりかねません。

住んでいた家のローンも残っていた際は、新居と旧居の住宅ローンを抱えることになってしまいます。